【コーヒー好き必見!】ドリッパーの種類を解説

ドリップコーヒー

こんにちは。

コーヒー大好きとーちゃんです。

今回は、ドリップコーヒーに必要不可欠な「ドリッパー」についてご紹介したいと思います。

目次

ドリッパーの種類と特徴

ドリッパーの種類には形状別に

「台形型」「円錐型」があります。

さらにその中に抽出口の数や穴の形状でも「◯◯式」と種類が分かれます。

それでは、一つづつ違いを紹介していきます。

(台形型)カリタ式

台形で3つの穴がついていてリブは縦の直線型。台形なので広い範囲のコーヒー粉からまんべんなく抽出できますが、3つ穴なのでしっかりと抽出するには数回に分けてお湯を注ぐ必要があります。

created by Rinker
¥1,100 (2023/01/29 08:47:23時点 楽天市場調べ-詳細)

(台形型)メリタ式

こちらも台形ですが穴は1つ。リブの形はカリタ式と同様の縦の直線型です。穴が1つなのでコーヒーの味をしっかりと抽出してくれるコーヒードリッパーです。

(円錐型)ハリオ式

円錐で大きめの穴が1つ、リブはらせん状です。穴が大きめなので注ぐ湯量の加減が重要なポイント。また特徴的なリブの形によってお湯が中心に向かって流れていくので、しっかりと成分を抽出できるコーヒードリッパーです。

created by Rinker
¥1,490 (2023/01/29 08:47:23時点 楽天市場調べ-詳細)

(円錐型)コーノ式

ハリオ式と同様に円錐で大きな穴が1つですが、コーノ式のリブはコーヒードリッパーの下部のみついています。上部はコーヒードリッパーとフィルターがくっつくのでコーヒーが中心に集中し、比較的濃いコーヒーが出来上がります。

created by Rinker
¥1,320 (2023/01/29 08:47:23時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

カリタ式
台形型穴が3つ
すっきりした味わいのコーヒーが抽出
メリタ式
台形型穴が1つ
しっかりした味わいのコーヒーが抽出
ハリオ式
円錐型穴が1つで大きめ
すっきりした味わいのコーヒーが抽出
コーノ式
円錐型穴が1つ
比較的濃い味わいのコーヒーが抽出

いかがでしたでしょうか?

ドリッパーの種類だけでも、色々な味のコーヒーを楽しめます!!

また、人それぞれに好みもありますので、可能であれば全て味比べしてみるのも楽しいかもしれません(笑)

この記事が良ければ、Twitterなどでシェアしてもらえるととても励みになるのでよろしくお願いします!!!

それではまた!!

ドリップコーヒー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちはー
とーちゃんです!!
「好き」を探して発信していくよ!
みんなの為になる記事になれるとうれしいです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次